わき下の脱毛を目下検討中です~池袋のクリニック2つで迷い中

現在、わきの下の脱毛をするべきかどうか検討中です。わきの下は何度処理してもすぐ生えてくること、意外に目立つことがその理由です。

たとえば除毛クリームなどで処理をした場合、数日間は効果が持続しますが、その後また生えて来てしまいます。しかも生えて来た時は、ちくちくするのでそれも気になります。しょっちゅうわき下の処理をしているのなら、いっそ全部処理した方がいいのではとも思っていまいます。考えてみれば、女性でわき下の毛がメリットになることは、ほとんどありません。わきの下の毛が伸びかけているのが気になって、ノースリーブの服や袖がかなり短めの服、タンクトップなどが着られないのですから、デメリットの方が大きいのです。

特にわきの下の毛は色が濃く、レーザーの効果が出やすいということなので、美容クリニックに行こうかと考えています。ただクリニックの場合は健康保険対象外で、サロンよりもお金がかかりますので、それをどうするかが問題です。特に最新設備のあるクリニックは、レーザーによるダメージが少ない反面、料金が高めに設定されているようです。ならば普通のクリニックに、キャンペーン利用で通う方が、もう少し予算を抑えられるかもしれません。それから肌へのダメージがどれほどあるのか、それも気になりますが、これはクリニックを決めてから相談しようと思います。

それともう一つ、わきの下の体毛を処理してしまうと、汗がどっと噴き出すようになると聞いたこともあります。確かにそれも気にはなりますが、だからといって、わき下の毛をそのままにしておけば、不便なこともあるのです。それよりも、やはり一々自己処理しなければならない、その面倒くささから解放されたいというのが本音です。無論脱毛をしてもらうからには、それなりの定評のあるクリニックを選びたいので、友達に頼んで色々紹介してもらっています。口コミサイト(脱毛池袋)でも評判が良かったクリニックでもあります。うち2軒ほどキャンペーン中で気に入ったクリニックが見つかりましたので、早速カウンセリングに行ってみようかなと思っています。

茨城県水戸市で鼻の下の脱毛をしたいと思っています

私が脱毛したいところは鼻の下です。なぜ鼻の下の脱毛をしたいのかというと体の中で鼻の下の処理が一番頻繁にしなくてはいけない箇所だからです。また鼻の下は処理を怠ってしまうと一番わかりやすい箇所でもあると思います。手足などの体の部分だったら外から見えずらいし気づかれづらいのでそこまで気にして脱毛はしていません。

しかし鼻の下は顔を見るときに目につきやすい箇所だと思います。やはり人に鼻の下に毛が生えていると思われることは恥ずかしいことだ思います。だから鼻の下の脱毛は特に気になる箇所です。鼻の下の脱毛を自分で始めた頃は、T字のカミソリで処理していました。しかしT字カミソリだと大きいので処理しきれない部分もありました。T字カミソリ以外ではちょっと怖くて使えないです。

そこで次に毛抜きで一本ずつ抜くようになりました。そうすると細かいところの処理もできます。見えないような毛も抜くことができるようになりました。しかし無数に生えているであろう鼻の下の毛を一本ずつ抜くのはけっこうな作業です。時間もかかります。そして何よりもだんだん手の指が疲れてきます。

鼻の下の毛を自分で脱毛するのはかなりの労力が必要です。だから鼻の下の処理は脱毛でしたいと考えています。週に何回も抜く手間を考えたら脱毛に通って処理してもらったほうが絶対に簡単だと思います。それに抜いてばかりいると毛が太くなるとい噂を聞いたことがあります。このまま毛抜きで抜き続けて毛がどんどん太くなったらと思うと不安があります。

ただ脱毛で抜いてもらうと痛いんじゃないかという不安があります。それにいつまで通えばいいのかも見当がつきません。そういう色々な疑問を考えているとなかなか踏み切れない自分がいるのも事実です。でも実際の店舗のホームページなどを見ると意外とというかかなりの安価でやってくれるお店が多いことがわかりました。あとは一歩踏み出す勇気なのかなと思います。

私のいつも見ているサイトはこれです ~脱毛水戸市

遺伝的に家族みんな毛が薄い

みなさん、周りで、頭髪が薄い人は体毛が濃い、というウワサというか都市伝説的なものを聞いたことはないでしょうか。

悲しいことに、私はその、頭髪が薄いのに体毛が濃い人の代表です。

初めての子供だったこともあり、生まれたときからたくさん写真を撮ってもらっていたようですが、小さい頃のアルバムを見ていても、自分の髪の毛の薄さがとても気になってしまいます。

お母さんはいつかふさふさになるだろう、と思っていたようですが、小学校を卒業して中学校へ進学した頃でも、髪の毛をひとつに束ねたポニーテールのその貧相なこと。

それなのに、中学へ上がったころから、腕や足の毛がだんだんと濃くなってきてしまったのです。

しかも中学のクラブ活動を選ぶときに、あまり深く考えずに陸上部を選んでしまったために、タンクトップとショートパンツを着て、そのわさわさと毛が生えた腕や足が丸見えになるような状況を作ってしまっていました。

しかもまだ腕や足のわさわさの毛だけですんでいればよかったものの、脇の下にも毛が生えだしてきてしまい、タンクトップで脇が全開、丸見えになることがもう恥ずかしくて恥ずかしくてたまりませんでした。

お母さんに頼んで、シェーバーとクリームを買ってもらいましたが、最初はなかなか上手に剃ることが難しかったのを覚えています。

剃り残しがあちこちに目立つ状態だったり、クリームをちゃんと使用せずにじょりじょりと剃ってしまったために肌を傷つけて血が出たり。

本当に、なんでこんな剃りにくい身体の部分に毛が生えてくるんだろう、守らないといけないから毛が生えてくると聞いたことがあるけど、私の場合、脇の下よりも、頭に毛が増えることのほうがよっぽど身を守ることにつながるのに、ともんもんと考えたりもしました。

毛が濃くて困ったこと、恥ずかしかったこと、という話になると、中学生という体毛があちこちに生えてくる時期に、自分が何も考えずに陸上部に入って毎日のように後悔したことを思い出します。